アジャイル検定とは

アジャイル開発のスキルを客観的な尺度で分析・判定するのが、アジャイルソフトウエア開発技術者検定試験です。

試験システムとして、CBT(Computer Based Testing)を採用しています。いつでも、どこでも受験することができます。4肢択一スタイルの問題、平均で70%の正解率を得られるよう、難易度を調整しています。
合格基準は80%以上の正解率です。

アジャイルソフトウエア開発技術者検定試験の構成

アジャイルソフトウエア開発技術者検定試験は次の2つの試験から構成されます。

1) アジャイルソフトウエア開発技術者検定試験Lv.1(以下、Lv.1試験)

※本試験要綱で概要を説明

2) アジャイルソフトウエア開発技術者検定試験Lv.2(以下、Lv.2試験)

※Lv.2の試験要綱は後日発表致します。

アジャイルソフトウエア開発技術者検定試験の概要

試験名称
日本名 アジャイルソフトウエア開発技術者検定試験Lv.1
英語名 Agile Software Development Engineer Exam Level1
証明名称
日本名 アジャイルソフトウエア開発技術者Lv.1
英語名 Agile Software Development Engineer Level1
コード ASDE Lv.1
説明 アジャイルソフトウエア開発に関するある一定以上の知識があることを判定します。
以下のような項目に関し、判定します。

アジャイル概念 アジャイル宣言
プロセス
  • 反復
  • 会議体
  • ロール
進捗管理
  • ストーリー
  • バックログ管理
  • 見積もり
  • タスク管理
プラクティス
  • テスト駆動開発
  • 常時結合

アジャイルソフトウエア開発技術者検定試験で問う内容

アジャイル開発でチームを組んでソフトウェアをするための基本知識。具体的には、アジャイル宣言等にあるアジャイルに関する概念や知識。

  • プロジェクトを管理するアジャイル開発での考え方。
  • アジャイル開発をチームで迅速に行うためのプロセスに関する知識。
  • アジャイルのプラクティス(テスト駆動開発や常時結合など)
  • アジャイル開発での要件や機能の扱い方法、プロセスの進捗管理方法など。